在留資格

在留資格の変更の相談を受けて外国の方と
いろいろお話する機会がありました。

僕ら日本人は日本で暮らす、生活することが当たり前です。

ある一定の期間、ある条件のもとに日本で生活することが許されている
外国人の方の不安や不自由さは日本人にはなかなか理解するのは難しいです。

 

外国の方とお話をする中で感じたのは在留資格が切れる不安は
日本人が思っている以上に大きいということです。

戸籍を集めたり、住民票をとったり、納税証明書をとったり…
僕ら日本人でも結構骨が折れるものです。

それを外国の方が行うのはハードルが高いと感じます。

在留資格は外国人の方が日本で暮らすためには絶対に必要なもの。

入管業務というのは日本で暮らす外国人の方々をサポートする大事な仕事。

実際に業務をするうえで相談を受けたり、
手続きに関わったりしないと判らないことが多いと思います。

自分もまだまだひよっこの駆け出し行政書士で
分からないことだらけで不安です。
自分の場合はネガティブ思考で
結構不安を感じてしまう体質なので仕方ないです(笑)

そのお客様の不安を解消することは大事な仕事だと思います。

申請書作成していくら、手続き代行していくら…
という先入観を行政書士の業務は捉えがちです。

法律文書の作成以上に大事なものが
1つ1つの業務の奥に存在しているように思います。

在留資格に関する申請であれば、
外国人の方が抱えるいろいろなハードルを取り除いてあげる
こういうことの方が大事なのかもしれません。

行政書士目線、日本人目線で物事を見るのではなく、

当事者目線に立って見てみることも忘れてはいけない。

当たり前を疑ってみることでお客様目線のサービスが見えてくる。

誰かの立場に立って考えてみるとサービスの質も高まる気がします。

在留資格なら早く迅速に手続きを進めて、
行政書士が取れるお役所発行の書類は取ってあげる
当たり前ですが当たり前をしっかりとやっていきたいと感じました。