平沢進と馬の骨

堅い話題が多かった代表ブログですが、
少し趣向をかえてゆるい話題も書いてみようと思います。
岩田繁自身の趣味や好きなことについての話題です。

学生時代からいろんなジャンルの音楽を聴きます。
CDも結構買ってしまいます。
CDが売れない、音楽が売れない、そういう時代でも
自分はCD媒体で買ってしまいます。
モノが増えすぎて困るんですが、
やっぱりCDとしてしっかりと製品となったものを
手元に持って置きたい…そういう衝動はあります。

ダウンロード配信全盛期の今でも自分はCDというパッケージに
変なこだわりがあります。

ヴォーカル入りの曲からインスト曲、クラシック、ジャズ、フュージョン…

自分にとって良いと思ったものはとことん好きになるタイプです。
ですので、特定のジャンルが好きというよりも
自分の感性にマッチしたものなら何でもいけるくちです。

音楽に関しては雑食系です(笑)

好きな音楽第一弾はやっぱり平沢進を紹介したいと思います。
自分が好きな音楽の中でもかなり異質なタイプの音楽が
「平沢進」というジャンルの音楽です。
それ、ミュージシャンの名前じゃないかと思った方もいると思います。
でも、自分の中では1つのジャンルの音楽なんです。
そして平沢進の音楽が好きなファンを「馬の骨」とファンの中では呼びます。

ちょっと気持ち悪い系の音楽で苦手な人は一切受け付けない。

でも、好きな人はとことんはまる…そういう音楽です。

「千年女優」という今敏監督のアニメでエンディングに流れるこの曲を始めて聞いたとき、
衝撃が走ったのを覚えています。

こういう音楽に対しては好き嫌いがはっきり別れます。
自分は抵抗感なくすんなりとはまりました。
大学時代の友人に薦めまくってもなかなか理解されませんでした。

平沢進のライブは結構、足を運んでいます。

好きな音楽について語るのも悪いものではないですね。

こういう音楽を岩田は聴いているのかと感じ取って貰えるとうれしいです。