相続業務と業際問題

今回のブログは非常に重くお堅い内容です。

行政書士だけではなく、相続業務に関わる専門家すべての方々にとって
非常に重くのしかかる大変悩ましい問題です。

それが「相続業務と業際問題」です。

相続業務ほど多くの専門家が関与しなければならない案件はないと言えるくらい
各専門家の独占業務が複雑に入り組んでいます。

ひとりの専門家だけでは完結しないのです。

相続登記は司法書士、相続税の申告は税理士、紛争性のある相続であれば弁護士、
不動産で表題部登記や分筆に関わるものは土地家屋調査士、
相続関係の法律文書作成又はお役所提出書類の申請は行政書士、
社会保険の各種届出等は社会保険労務士、
金融機関の窓口業務、葬儀社、老人保健施設、ケアマネジャー…

多くの専門家や業者さんが関与するのが相続案件です。
特に法律関係の専門家にはそれぞれ独占業務というものがあります。
ちょっと下品な言い方としてしまうと縄張りがあります。

自分は年齢的にもまだ若い新人行政書士ですので、
専門家同士の独占業務でお客様がたらい回しにされたり、
専門家同士の引き継ぎが上手に出来ず、
そのしわ寄せがお客様にいくようではやっぱり宜しくないと思います。

業際問題というのは法律専門家の中の問題であって
それがお客様に影響を及ぼすようでは
サービスを提供する側としてかなりマズいと思います。
高いお金を出して専門家に依頼している以上、
それに見合ったサービスを提供しなければならないと思うのです。

お互いが独占業務を盾にして囲い込むのではなく、
上手に提携しながら各専門家がしっかり独占業務をこなす
そういう姿勢が大事だと思うのです。

そのためには自分自身も恥ずかしからず、
ほかの専門家の先生としっかりコンタクトを取りつつ、
その「つながり」を大事にしなければだめだと思います。

迷惑がられても(笑)、怪しまれても(笑)、恥ずかしからずに
積極的にお会いして「つながり」を作っていきたいと思います。

業際問題の最前線でひとりで完結できない業務だからこそ、
多くの専門家の先生と出会うチャンスだと思って積極的にかかわっていきたいです。

 

デメリットを逆にメリットに変えられるような

そういう連携ができるつながりを大切にしたいと思います。

前の記事

平沢進と馬の骨