一番早く過ぎる月

今回のブログはあまり中身のない緩い話題です。

歳を重ねると1年が過ぎるのがどんどん早くなる感じがします。
皆さんも小学生の頃の夏休みを思い出してみて下さい…
クッソ長く感じませんか?(ちょい汚い言葉ですみません)
自分は小学生の頃の夏休みは永遠に続くのではないか
と思うくらい長く感じました。

大人が感じる時間と子供が感じる時間には同じ1時間だとしても
感じ方はかなり違うものです。

時間の長い短いはその人の感じ方によって長くも短くもなります。

時間の感じ方は絶対なものではなくて、相対なもの。

岩田はそう思っているかもしれないが、
俺はそう思わない!があってもいいんです。

前置きはこれくらいにしてやっと本題に入ります!
自分は年々1月2月3月の時間の過ぎるのが早くなっている気がします。

特に日本の年度という概念の影響でしょうか、
1月、2月、3月に行事が固まっていたり、年度締めのお仕事が固まっていたり、
年末年始の浮かれた感じから一気に現実に引き戻され、
頭が年末年始ボケ状態で訳が分からないうちに終わってしまう。

1月、2月、3月の3か月間の中でも自分は2月の過ぎるのが物凄く早く感じます。
2月は28日間しかないというもの大きな要因かもしれません。

「一月は行ってしまう、二月は逃げてしまう、三月は去ってしまう」

という言葉もあるようにとにかく早いなぁ~と感じてしまいます。

何も意識しないとあっという間に終わってしまう年明け3か月ですが、
一日一日を大切に過ごしたいと思います。

今回はちょっと手抜きブログですが…
一年で一番早く過ぎる月なので許してください(笑)
ブログや何か書きモノって一度止めると復帰に物凄いエネルギーを使います。
少しでもいいので何事もコツコツと継続してやっていきたいですね。